女性用バイアグラについて|FDSに効果はあるのか?

FSDの解釈と女性用バイアグラ

FSDの解釈と女性用バイアグラ

女性と男性の興奮の違いは、バイアグラの臨床試験では無視されていたか、あまり明らかになることはありませんでした。それは性障害の治療の心理的複雑さを物語っているのです。

 

男性の場合は、主観的な興奮と性器興奮が密接に結びつけていると解釈されていた。ところが、女性はそうでないのかもしれない。内科的、器質的協会の実を性にあてがい、心を考慮しなければ、性的な生き物全体像を理解することも治療することもできないと主張する。

 

性行為が単なる肉体行為であるはずがないのです。人間の場合腦が関与しない行為はめったにないのです。

 

思考や概念も関与しますし、性的経験の圧倒的多数は、内科障害が無いだけではない、性欲とその豊かさの全体としての意味と一言で考えてしまうと、こうした意味の何もかもが置き去りになってしまいます。

 

最近のFDS研究では、複雑な女性を同期しない体とココロを持っていること解釈しています。二つを切り離して考えるのは難しく、だからこそ複雑で、単純な解決策も見つからないままあがくのだと示唆しています。

 

 

同様に、オランダで行われていたバイアグラの臨床試験では、心理的要因が女性の検査結果に大きく影響しうることがわかりました。

 

 

女性のプラシーボ効果の割合は男性よりもずっと高いということがわかり、女性の被暗示性が臨床試験において大きな役割を果たしているとして、対象を介在させない、あるいはプラシーボ効果と治療効果の大きな違いを示さない研究は疑問視されています。

 

 

性機能障害は、「女性の場合は特定が難しい」からと言って、女性の性は理解しがたいという結論に飛びついてはいけないのです。複雑な女性には注意が必要なのです。

 

女性の性機能障害の治療の医療かについては注意するべきです。特に女性は、複雑なのです。歴史的に自分の性欲を抑制してきたこともあってか、女性の方が用心深いです。男性は医療の助けや、物理的解決策を求める、女性はそうではないのかも知れません。

 

 

FDSの解釈、診断、治療におけるこれらの要素はまだ完全には認められていません。さらに性生活場の不満を抱いている女性の数についての調査結果では、全国健康・性生活調査とのデータでは43パーセントでした。しかし、専門家が独自に調査した結果では10パーセント未満だということで、どちらが正しいのか議論が続いています。

 

ひいては、男女の性障害を実質的に同一視する治療法はよくないとされました。彼らは、性的苦痛は情緒的なもの、全体的な幸福感や、パートナーとの情動的な関係を含むのであって、性の肉体的局面、興奮、潤滑、オーガズムは苦痛の指標としては劣ってはいるのです。

 

女性の性欲は複雑なものと解釈されたため、FSF研究者たちはじっくり腰を据えて問題の枠組みを考えざるを得なくなりました。