女性用バイアグラについて|FDSに効果はあるのか?

医学界の研究と女性用バイアグラ

医学界の研究と女性用バイアグラ

バイアグラデビューの直後、女性の性欲の問題に目が向けられるようになって、当初は、大半の人に「女性の性的興奮障害」FSADと呼ばれる、EDと酷似する興奮障害があると考えました。

 

男女の体は似ているものと決めてかかり、EDは男性器への血行不足とその毛化かとしての組織充血不十分に関連する機能不足なのだから、FSADも女性についてお同じことが言えるかもしれないと思う人がいたのです。

 

ファイザーをはじめとする製薬会社からの援助で、それに関する研究が進められました。ネズミ、ウサギ、女性の膣の血流、膨張、潤滑の理解に活動の焦点を当てました。

 

FSAD治療薬市場は、数十億ドルの事業になると予想されます。推定では短期間でED市場に匹敵する規模です。しかも、その数字を上回ることも予想されています。現在FSAD治療向けに認可された医薬品はありません。

 

ファイザー製薬が助成金を女子位した研究者が、女性の興奮と血流を客観的に測定すると言われる、素晴らしい技術を誇らしげに披露しました。

 

膣の脈拍、熱レベル、潤滑レベル、そのほか、指標に基づく興奮に関するデータを生成するものでした。

 

最新機器によるデータの地区先が始まったにもかかわらず、興奮度の測定のための正式な研究の判断基準に関する科学的合意は得られていません。

 

報告内容もまちまちで、女性に対するバイアグラの臨床試験も結論が出ないため、科学者の多くが、女性の性機能は男性とは異なるものかもしれないと推論しました。

 

 

それにもかかわらず、臨床研究も失敗に終わったというのに、興奮の生理に関する研究は依然として投入資金の潤沢な女性の性の問題の探求で、新たな治療薬の臨床試験が現在も進行中です。

 

今日、バイアグラはFDAの認可外で、女性にも処方されています。認可外処方とはFDAが承認した以外の目的でのFDA認可薬の使用を意味します。

 

これによって医師は、時分好みの治療法を生み出すために、医薬品を使って実験することができます。人気テレビ番組「セックスアンドシティ」では、女性用バイアグラと言うテーマに着目して、女性がバイアグラを飲むという考え方、さらに女性の性的攻撃と強い欲望をロマンチックに紹介しています。