女性用バイアグラについて|FDSに効果はあるのか?

女性のその気と女性用バイアグラ

女性のその気と女性用バイアグラ

女性がその気になるためにはスイッチを押すだけではダメなのです。とある医療関係者は言いました。FSD研究者や臨床医は女性の性のもんだは複雑だといいます。

 

女性向けバイアグラの臨床試験は、女性の性の問題がいかに複雑であるかを初めて公表して、すぐに激しい反発を買いました。女性用バイアググラのFDA認可は依然としてファイザーの計画にあったのが、臨床試験の結果、「客観的測定値と主観的測定値」の間に興味深いずれがあるとわかりました。

 

バイアグラの主成分であるシルデナフィルは女性にも効きましたが、女性は何ら変化を認めず、科学者は非常に困惑しました。

 

世紀への血流を経験した被験者に質問したところ、その大半が性欲の高まりを感じなかったと主張した、主観的な報告と、測定器などによる客観的な報告結果がこれほど食い違うことは想定外でした。

 

女性へのシルデナフィルの臨床試験を数え切れないほど繰り返してみても、女性は性的興奮を依然として報告せず、バイアグラはFSD治療には有効ではないという結果に終わりました。

 

多くの研究者、開業医は、これを受け入れたがらなかったが、ある心理学者は、バイアグラは女性にも効くという持論を公表しました。

 

ことにバイアグラの成功があったので、女性用のこれに類似する薬を見つけることが難しいとは、最初の頃は誰も考えてはいませんでした。

 

私たちは3年間もかけて、取り組んできました、分類と特徴づけに始まり、ただバイアグラを女性にテストし、販売すれば十分だと考えていたのです。

 

所が大きな壁にぶつかってしまいました。女性をどうやって興奮させるかという壁です。専用の機械を使って血液は測定できますが、

 

女性にエロチックな映像を見せれば、血流が大きく変化します。ですが、それでも女性は性的に興奮していないといっているので、同期性が無いのです。

 

アンケート結果と装置の数値がかみ合わないのです。ということは血流異常の何かが女性の興奮には必要なのです。性的幸福感を増幅させる必要があるのです。

 

試験では女性は興奮の欠如を訴えていますが、血管はきちんと充血していることはわかりました。

 

要するに、男性の場合は勃起障害が治ったのも充血で判断できますが、バイアグラによって膣組織の適切な充血が生じていても、女性被験者はそれを知らないか、あるいは気にしていないのです。

 

男性の場合は脳への刺激によって、生気が充血し、この充血を認識し脳がそれにフィードバックされることがわかりました。男性の場合は性器からこのフィードバックが生活の一部であり、性の健康は常にこれに直結しています。

 

ところが、男性よりも脳が多少大きい女性は、充血に気がつかないために、世紀充血はフィードバックを誘発しません。

 

潤滑、膣膨張など性器興奮を測定するものだと私たちが思っているものを、女性は必ずしも認識していません。したがって、私たちは、女性の主観的興奮に目を向けなければいけないのです。