女性用バイアグラについて|FDSに効果はあるのか?

FSDの問題と女性用バイアグラ

FSDの問題と女性用バイアグラについて

 

バイアグラ発売後、女性向けバイアグラの臨床試験がありました。

 

その結果、女性の性の問題は複雑で、FSADは体の問題と言うよりは、心の問題と言った方がいいのではないか?という意見が出始まました。

 

ある雑誌では「女性用バイアグラのカギがブレインを悩ます」という題で、「科学者も気がつき始めているが、女性の性機能に最も重要な機関はブレインかもしれない」と言っている。

 

女性用バイアグラの探求、心の問題なのか、それとも体の問題なのか、女性の欲望の謎を解き明かそうとしているが、その答えは誰しもが予想していた以上に複雑なものになりそうなのです。

 

女性の性欲は複雑に入り組んでおり、簡単に解ける男性の問題と比べて扱いにくいという感じが、研究や臨床試験の障害として常に浮上しているのです。

 

女性の複雑さが、FSDの研究が進まない、治療の選択肢が限られている理由づけとなっています。

 

複雑なのは、男女双方に順序に従った類似の機能を想定しているからなのです。現在のFSD区分の陰にある、誤解を招きかねない仮説を公然と批判する人もいます。女性の性反応における世紀の様相は女性にとってあまり重要でないのかもしれないというのです。

 

性についての男女の不平を、一方的に類似扱いしようとしています。このようなやり方がうまくいくこともありますが、そいでない場合もあります。

 

例えば、男性の勃起障害は、かなり明らかなので診断しやすいですが、これに対応する障害である女性の興奮障害は、女性本人はもちろんのことパートナーでさえなかなか確認できません。診断区分は、性的反応が興奮、欲望、オーガズムという明確な線形の順序に従って起きることを示すような方法で統計化されています。

 

最も循環的で、相互作用なモデルの方が確実に適しています。性的なやり取りの情緒面や相手との関係と言った局面を確認するあるいは認識できない場合はなおさらです。こうした局面の方が、女性にとっては典型的に性器反応よりも重要である傾向があるのです。